小淵沢ウォーキングコースマップ
信玄棒道コース
     
甲斐小泉駅

小荒間古戦場跡
女取湧水分岐
小淵沢駅(A)から高原列車として知られるJR小海線に乗リスタート。車窓から南アルプスや八ヶ岳の景観を眺めながらひと駅分の小旅行を楽しみ、で下車。
駅を出るとまず正面に南アルプスが迎えてくれる。駅の左下には「八ヶ岳シルクロードミュージアム」もある。駅前の道を右にカーブしながら進むと、右手のシラカバとカラマツ林の中に「小荒間古戦場跡」があり、信玄の御座石などが置かれている。
なおも直進し、ガソリンスタンドのある突き当たりを左折し、100mほど下った先にあるのが「三分一湧水」(C)だ。
ここから来た道を少し戻り、左に折れて高川を渡り、少し先を右折。線路のガードをくぐると「小荒間番所跡」がある三叉路に行き当たる。ここで右に進路をとり、ゆるやかな登りを左にカーブしながら進むと、民家もなくなり、右側にテニスコートと石碑の建つ「富蔵山公園」がある。
ここも直進し、護岸工事が施された古杣川を渡ると道の舗装がなくなり、次第に山の中へと入って行く。そして、別荘が点在する林の中を進むと道が二手に分かれ、その中央に道祖神がたたずむ。
ここが「女取湧水」と「棒道」の分岐(D)ににあたり、間違えないように左へ進路をとる。
さらに行くと別荘もなくなり、急に道が険しくなる。
ここから本当の棒道の始まりだ。森林浴を楽しみながら、戦国時代に思いを馳せて歩きたい。そしてなおも棒道を行き、点在する道祖神をいくつか数えると、左にゴルフ場が見えてくる。
道も広くなり、さらに行くと右に火の見櫓跡(やぐらあと)の看板(E)があり、交差する道となる。
ここで棒道に別れを告げ、左折し舗装路へと向かう。右に広い道(八ヶ岳公園道路)を見ながらゆるやかな下り坂をしばらく下っていくと交差点があり、その先から道は未舗装となる。
この坂をなおも下り、八ヶ岳公園道路のすぐ脇を並行して進むと大きな信号機のある交差点にさしかかる。この左角にあるのが「道の駅こぶちさわ」だ。その先には「スパティオ小淵沢」(F)がある。ここでは食事のほか、温泉に入ることもでき、疲れた体をひと休みさせることができる。
充分に休息をとったら、再スタート。スパティオ小淵沢を出て左へ行き、すぐ先を右折。ペンションや別荘が立ち並ぶ林の中、車一台分の細い道をしばらく進んで行き、踏切を渡ると急に視界が開け、南アルプスの峰々が目に飛び込んでくる。
そしてその先にあるのが「花パークフィオーレ小淵沢」(G)である。園内を入ると富士山・南アルプス・八ヶ岳の大パノラマを眺められる。また季節に応じた草花の姿を存分に楽しみたい。
花パークフィオーレ小淵沢を出て中央自動車道のガードをくぐり、左へ曲がり、しばらく左手に自動車道、右手に畑と南アルプスを眺めながら進む。
すると道は大きく右へカーブし、小淵沢中学校の横を通りながらゆるやかに下っていく。そして中央本線の陸橋を渡った先の三叉路を右に曲がり、道なりに進むと終点の小淵沢駅(A)へ到着する。
信玄棒道  
スパティオ小淵沢

三分一湧水 三分一湧水
上流から流れてきた水を三方向に分かれて行くように作った水路。その昔、武田信玄が農業用水として下流の3つの村に等しく水を分配したことからその名がある。日本名水百選の一つ。
トイレはこちらで済ましておくのがオススメ。
信玄棒道 棒道
武田信玄が信濃攻略のために開削したとされる軍用道路。八ヶ岳の山裾をほぼ直線に走っていることからその名がある。上中下の3本があったとされ、現存しているのは、このコースにもなっている上の棒道だけである。
露天風呂 スパティオ小淵沢
食と健康をテーマにした保養施設。館内には、天然温泉「延命の湯」、ふるさと薬膳料理「森樹」などのほか宿泊施設もある。体験工房では、陶芸、そば打ち、ステンドグラス作りなどの各種体験ができる。
延命の湯
受付時間/10時〜23時
入浴料/大人820円・小学生420円
TEL0551-36-6111
フィオーレ小淵沢 花パークフィオーレ小淵沢
富士山・南アルプス・八ヶ岳の大パノラマを眺める標高1000mの高原にある ペットと一緒に入園することができる公園です。 四季折々のお花の咲く園内中央南側にある子供広場は、ローラー・滑り台・秘密のトンネル・ジャブジャブ池、そしてステンレス製の大カブトムシなど大人も子供も楽しめます。
開園時間/9時〜17時 入園無料
TEL 0551-36-6611

お問い合わせ 
小淵沢駅前観光案内所     0551−36−3288
道の駅こぶちさわ観光案内所  0551−45−9845